ココナッツオイルの原産国とブランドはどこがいいの?本音で紹介!

Pocket

日本ではあまり馴染みのないのですが、ココナッツオイルはトロピカルオイルの一種で、東南アジアの島国で古くから親しまれてきた脂(油)です。ですから、もし質の高いココナッツオイルに選びたいなと思ったら、原産地に注目してみるのがオススメです!今回はココナッツオイルの原産国に注目しつつ、編集部イチオシのブランドをご紹介します。

ココナッツオイルの主な原産国はどこ?

フィリピン、タイ(バンコク)、グアム、インドネシア(バリ)、スリランカなど、東南アジアを中心に、さまざまな国や地域がココナッツオイルの生産地として商品ラベルに記載されています。その中でも、とくにココナッツ産業が盛んなのがフィリピンです。

ココナッツのおすすめの産地はフィリピン!

フィリピンには政府が定めた「ココナッツ庁」と呼ばれる機関があり、国全体で良質なココナッツを大切に育てています。直接食べたり、肌に塗ったりするからには、きちんと管理されて安心できる製品を使用したいですよね。この点がとくに気になるという方は、原産地にフィリピンと書かれているものを購入するのがオススメです!

ココナッツオイルのオススメブランド3選

それでは、このフィリピン産のココナッツを原料として取り扱っているブランドを幾つかご紹介します。

おすすめブランド1:cocowell(ココウェル)

ココナッツオイルの有名なブランドです。商品の幅が広く、プラスチック容器に入ったものから、ビンの容器に入ったものまでさまざまな商品があります。中でも460gのたっぷりと入った「プレミアムココナッツオイル」が人気です。

ココナッツの香りがよくて、味もいいと評判のプレミアムココナッツオイル。ココナッツそのものの風味や味を楽しみたいのならcocowellがおすすめです。iHarbなどのオンラインショップや、カルディなど外国製食品のお店に置いてあります。

おすすめブランド2:生活科学研究会

上質なエクストラバージンココナッツオイルや、最低限の精製のみを行ったピュアオイルを日本で輸入販売しているのが生活科学研究会です。。

とくにおすすめなのが「ナチュレオ」。詰め替えタイプなのでプラスチック容器や瓶を用意する必要がありますが、ナチュレオは精製されているためココナッツオイルの独特の風味や匂いがありません。ココナッツの風味が苦手な方はナチュレオをお試しください!

おすすめブランド3:ココフィリピン

品質に絶対的な自信を持ってココナッツオイルを販売しているのがココフィリピンです。ほかのブランドと比べてグラムあたりの単価は少々お高いものの、フィリピンの農業省ココナッツ庁の承認を取るなど、非常に力を入れています。

某人気モデルが愛用しているココナッツオイルが有名になりましたが、それがココフィリピンのココナッツオイルです。一度試してみるのはアリかもしれませんよ!

まとめ:ココナッツオイルは「フィリピン産」がオススメ!

ココナッツは東南アジアの島国で作られていますが、とくにおすすめなのがフィリピン産です。そして、そのココナッツを原料にしているブランドはいくつかありますが、中でもおすすめなのがcocowell(ココウェル)だといえます。

はじめてであれば、まずはココナッツオイルの標準を知ってほしいのでcocowellのプレミアムココナッツオイルを手に取っていただくのをオススメします!