Pocket

Natural oral hygiene. 口腔ケアにもココナッツオイル!話題の「オイルブリング」とは?

●オイルブリングで口腔ケア!ココナッツオイルによる脱臭・ホワイトニング効果

美容法の記事では顔全体のスキンケアの使用法についてお伝えしましたが、こちらではお顔の部位についてお話をしたいと思います。

ココナッツオイルの有効な使い方として「オイルプリング(プティング)」という使用方法があります。
[myphp file=’adsense1′]

オイルプリングとは、ちょっと時間をかけて丁寧に行ううがいのようなもの。

口臭改善や歯周病、ホワイトニングなど、様々な口腔ケアに効果があるとされています。

歯磨きの後、大さじ一杯分のココナッツオイルを口の中に含み、ぶくぶく、くちゅくちゅとうがいを続けてください。

このプリングは、15~20分ほど続けるのがいいでしょう。

最初はちょっときついかもしれませんが、テレビなどを見ながら気長に続けてください。

そして最後は、必ずティッシュなどに吐き出してくださいね。(水道管が詰まってしまいます)

このオイルプリングにより、ココナッツオイルの持つ殺菌・消炎作用で口の中の歯や舌苔がお掃除され、そして歯についた汚れを根気強く落とし、口臭や歯周病、ホワイトニング効果が期待できるのです。

また、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、歯肉疾患の原因となる細菌を殺すことがわかっています。食生活に取り込むだけでも虫歯予防に効果的ですが、オイルプリングをプラスするだけでより健康的で美しい口腔環境を整えることができるのです。

●ドライアイ対策にもココナッツオイルが使用可能?

口内環境の次に気になるのは「」。

パソコンやスマートフォンの普及により悩まされることの多いドライアイ。この目を悩ませる症状は、今や現代病の一つといってもいいでしょう。ココナッツオイルは、点眼することで、目薬代わりになるでしょうか?

さすがに、今の所ココナッツオイルを目薬にする、といった使い方をしている方や、また点眼を推奨している製品は少ないようです。しかしながらココナッツオイルは保湿効果や抗炎症作用もあるため、直接目に入れなくとも、ドライアイ対策や花粉症対策に繋がるという効果を持っているのです。

ドライアイや花粉症にお困りの方は小さじ一杯を食べてみると良いでしょう。