ココナッツオイルを使った朝ご飯レシピ 〜ハッシュブラウン、スムージー、グラノーラ〜

Pocket

ここではココナッツオイルやココナッツミルクを使ったおいしい朝食のレシピをご紹介します。使うココナッツオイルの量はお好みの味で自由に変えていただいて構いません。

また、ダイエットにもぴったりな朝食メニューであるスムージーやグラノーラのレシピもご紹介します。低カロリーなココナッツオイルを使うことで、よりヘルシーなメニューになります。

カリカリ・ふわふわのハッシュブラウン(1~2人分)

【材料】

  • ジャガイモ 1個
  • ココナッツオイル 適量
  • 塩・コショウ 適量

【作り方】

  1. 皮を剥いたジャガイモを千切りにする
  2. 千切りしたジャガイモはキッチンペーパーなどで水気を拭いておく
  3. 普段の炒め物よりも少し多めの量の油をフライパンに敷き、千切りしたジャガイモを広げる
  4. 塩コショウを振りかけ、フライ返しでぎゅっと上から押し付ける。中火で8~10分ほど焼く
  5. 少し裏返して焼き色がついたのが見えたあと、ひっくり返して両面にきつね色の焼き色がつけば完成

卵料理と相性のいいハッシュブラウン。目玉焼きなどの卵料理を添えてお皿に乗せると、見た目にもオシャレなワンプレートの朝食に。

●「バナナとココナッツミルクのスムージー」(1人分)

【材料】

  • バナナ 1本
  • ココナッツミルク 200ml
  • キウイ 200ml

【作り方】
1.すべての材料をミキサーにかけて混ぜ合わせ、冷蔵庫で一時間ほど冷やす。

南国の果物であるバナナを使ったレシピは、ココナッツとの相性が抜群です。バナナの甘味とココナッツの匂いが合わさって、とても飲みやすいスムージーに。

レシピにあるキウイは、オレンジジュースやぶどう、りんごジュースなど、季節によって手に入りやすいものでも大丈夫です。

ヨーグルトとフルーツジュースのスムージー(1人分)

【材料】
・プレーンヨーグルト 110ml
・フルーツジュース(オレンジやぶどう・ミックスでも可)110ml
・果物(リンゴをすりおろしたものなど) 1カップ(200ml)
・ココナッツオイル(液体) 大さじ1杯

【作り方】
1.ココナッツオイル以外の材料(ヨーグルト・フルーツジュース・果物)を全てミキサーにかけ、混ぜ合わせる。
2.1の材料が完全になめらかになったあと、ココナッツオイルを最後に混ぜる。

冷たいスムージーには、ココナッツミルクを使う方法が簡単ですが、ココナッツオイルを使っても問題はありません。しかし凝固しやすい性質を持っているので、りんごなどの果物がなめらかになり、必ず材料が混ざり切ったのを確認して、最後にココナッツオイルを入れるようにしてくださいね。

ダイエットや健康にも効果があり女性に大人気のスムージーは、ココナッツオイルとの相性が抜群。

人参や小松菜、ほうれん草を合わせたグリーンスムージーを温め、出汁を加えるととっても美味しいホットスムージーにも。寒い日の朝に、ぜひ試してみてください。

くるみとココナッツのグラノーラ」(4~5人分)

【材料】
・オートミール 80g
・シナモン 小さじ1/2杯
・生くるみ(もしくはピーカンナッツ) 30g
・ココナッツフレーク 30g
・ヒマワリの種 30g
・ココナッツオイル 30g
・バニラエッセンス 小さじ1/2
・はちみつ 40g

【作り方】
1.くるみ(ピーカンナッツ)は細かく刻んでおく。
2.大きめのボウルで、オートミール・シナモン・生くるみ・ココナッツフレーク・ヒマワリの種を混ぜ合わせる。オーブンは160℃に予熱しておく。
4.ココナッツオイルとはちみつを鍋で溶かし、火から止めてバニラエッセンスを加え、2のボウルに混ぜ合わせる。
3.予熱したオーブンで焦げ付かないように様子を見ながら混ぜ合わせ、15分焼く。(オートミールに焼き色がついたら頃合い)

冷ました後にお好みの分量のレーズンを入れるのもオススメです。

ココナッツオイル入りココアなど使い方は豊富!

ココナッツミルクは、基本的には豆乳や牛乳の代用としても使うことができます。お手持ちのレシピ本に、豆乳・牛乳を使用したレシピがあれば、それをココナッツミルクに置き換えてみてください。

紅茶、ココア、白湯、緑茶、コーヒーなどにそのまま大さじひとさじを加えるだけで、ココナッツオイル入りのドリンクに。香りもよく、紅茶やコーヒーに入れるとあっという間にココナッツ・ラテが完成します。

朝、時間がない!という人は、いつもお飲みになる紅茶や緑茶、ココアやコーヒーなどの飲み物にひとさじ加え、飲み方を変えてチャレンジしてみてください。